施術内容

HOME | 施術内容

基礎医学に基づいたBiNIアプローチ①


膜組織を解きほどくから
歪みがとれる、効果が長持ち、痛みがとれる

 
骨や筋肉、内臓などはバラバラにならないように膜組織※1によってつなぎ留められています。この膜組織が硬くなったりねじれたりすることで、身体に歪みが生まれます。膜組織の硬さや歪みを、流体力学や熱力学を背景にした独自の方法で、心地よく解きほぐしていきます。
快適で眠ってしまわれる方がほとんどです。強引にストレッチしたり、ポキッと骨の位置を矯正してもすぐに元に戻ります。しかし膜組織の硬さやねじれを改善するので、勝手に歪みが改善して、その効果が長持ちします。歪みがとれると、引き伸ばされたり圧迫されている神経が解放されるので、痛みが改善します。血管も同様に解放されるため手足がポカポカしてきます。
※1.膜組織:膜状をした組織の総称で正式には固有結合組織という。つなぎとめる場所によって、靭帯・筋膜・腹膜などと名前がかわる。

基礎医学に基づいたBiNIアプローチ②


腹圧が整うから
身体が安定する・疲れにくい・力が湧き出る

 
お腹には骨がなく、腰にある背骨一本で支えられていますからグラグラしやすいところです。
ここにはコルセットのような筋肉があり、この筋肉の働きでお腹の圧力(腹圧)がゴムボールのように高まって腰を安定させたり、体の歪みを正しています。
お腹の膜組織は手足の膜組織につながっていますので、腹圧が高まると手足の関節もしっかりと安定します。
手足を動かす直前に腹圧は勝手に高まって胴体を安定させてますので、腹圧が高まると手足の力が入りやすく体に力がみなぎります。
BiNI(バイニー)アプローチでは腹圧を高めるための、沢山の手技やご自宅での簡単な体操を用意しております。靴の中敷きとして利用できる足底板・靴下などもご提案させていただくことが可能です
(出典)水口慶高・山岸茂則・舟波真一:身体が求める運動とは何か 文光堂

基礎医学に基づいたBiNIアプローチ③


脳と身体のリズムを整えるから
スムーズに動ける・気持ちが落ち着く・呼吸が楽になる

 
心臓の拍動、呼吸、寝返る・歩くなど人の全ての動きにはリズムがあります。
脳波が記録できることからも分かる通り、脳にもリズムがあります。身体のリズムが脳に信号で送られるので、脳もリズムをつくって身体に指令を出すことができます。脳のリズムと身体のリズムが整うと身体は心地よくスムーズに動きます。リズムが整うとセロトニンというホルモンが出てきます。セロトニンの働きは大変魅力的で、
①動きのリズムを整え、
②気持ちを落ち着かせ、
③痛みの過敏性を抑え、
④睡眠リズムを安定させます。
BiNIアプローチには脳と身体のリズムを整える「COPオシレーション」という独特な技術があります。痛みの改善の他、脳梗塞や呼吸のリハビリ、介護予防にも有効です。
これは論より証拠、是非ご体験ください。

安心!ご利用・アプローチ(施術)の流れ


1. まずは、最寄りの各施設にお電話頂き、お日にちやお時間をご予約してください。

Dr.SONAは完全予約制となっております。

 

2. センターにお越しになられましたら、まず詳しくおからだの状態をカウンセリングさせて頂きます。

初回カウンセリング表に現在のおからだの状況をご記入いただきます。それを基に、セラピストからご質問をさせて頂きながら、身体の状態を把握していきます。問題点は、過去の出来事と関係している可能性が大きいです。関係ないと思っている、生まれた時のことや、小さい時のけが、手術の有無などもお聞きします。これら初見のご質問が問題点を抽出するのに非常に重要ですので、じっくりと時間をかけて話しあいます。悩み事など、なんでもお話しください。アプローチの方針が決まり、ご納得いただけましたら、施術同意書など必要な書類にご署名いただきます。人体は全て膜構造によってつながっておりますので、直接不調を感じる部位以外にも問題点が存在しています。ゆえに、全身に対して、評価・アプローチしていきます。
 

3. 根本原因を探るため、おからだの検査・測定を行い、リハビリプログラムを組んでいきます。

個人個人のクライアント様に合わせた身体評価をしていきます。問題点を正確に把握しなければ、身体構造を変化させることは出来ませんし、不調の回復につながりません。解剖学、神経科学の知識・技術に基づいた論理的・客観的評価は重要です。アプローチ前と後の変化もご本人に実感して頂けるよう、わかりやすくご説明いたします。

 

4. リハビリプログラムに従い、アプローチ(施術)を行います。

身体評価から問題点を抽出し、そこに対してアプローチをしていきます。不具合が出ている箇所に、必ずしも問題点は存在しません。全身の評価を行い、おからだの構造と脳との関連において問題点を考察し、症状を調整・回復させます。内臓系に問題を抱えている方もいらっしゃいます。スポーツ選手などの動作チェック、脳卒中片麻痺の方の歩行練習も可能です。巷の接骨院・整体・マッサージでは歩行できる空間は無く、ベッドのみが並んでいるところが多いですが、Dr.SONAでは最終的な目標、つまり、動作時の症状がどう回復しているのか、不調は軽減しているのかなども観察しながら、アプローチいたします。
 

5.リハビリ後のご説明

アプローチ後、問題点の整理や、本日行ったことについてご説明いたします。Dr.SONAのアプローチはおからだの構造と脳のシステムを非常に大きく変化させるものです。ゆえに、身体はその大きな変化にすぐについていく事が出来ない場合があります。自己組織化反応といって、その日の夕方や翌日に、熱・だるさなどが多少出現する場合があります。「悪くなった」とは思わないでください、ご自分の自然回復力で良循環している段階です。2~3日後にはそのだるさも必ず消失し、変化を実感して頂くことができます。Dr.SONAは、その場限りの気持ちよさではなく、本来の健康な自分に戻っていく、長持ちするからだを考えてアプローチしております。持越効果が非常に高いと喜んで頂いています。また、ご自宅でのデイリーメンテナンスもお伝えしています。効果を持続させるため、簡単に、しかも楽にできることです。筋トレやストレッチ、歩行の勧め、などではありません。それでは疲れて3日坊主ですし、効果も期待できません。逆効果になることもあります。目からうろこの、身体に関連することをお伝えすることができます 
 
 
 
 

ご利用料金


初見料5,500円(税込)
施術料11,000円(税込)

 

病院で保険を用いたリハビリの費用とBiNIリハビリセンターの料金を比較してみると?

当センターのリハビリは、保険外(自費)のため保険適用はできません。ゆえに、高いような印象がありますが、健康保険制度でのリハビリと比較しても、実は変わらない金額にてご提供しております。 病院などの健康保険制度ではリハビリの時間あたりの単価が決まっており、当センターのリハビリは病院にはないサービスが充実しているにも関わらず、ほぼ同等の金額換算になっております。

<病院などでの健康保険制度>

脳血管疾患リハビリ点数
20分:235点
単価 1点につき10円
つまり、病院でのリハビリでも20分間で2,350円の収入が病院にはあるわけです。 これを1時間30分、つまり90分行うと…

<1時間30分あたりの費用>

235点(20分)×4.5×10円=¥10,575 となります。
BiNIリハビリセンターでは、BiNI Approachの認定セラピストが、革新的なこのアプローチをご提供しております。病院では十分にリハビリできなかった方でも、心ゆくまでリハビリに専念できます。回数や時間の制限もございません。適正価格にて、最先端のリハビリをご提供させて頂いております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。